本文へスキップ

大分県の法律相談なら 弁護士法人平山法律事務所

トップページ弁護士紹介弁護士平山秀生⇒副会長な日々その2「ホテル末広」

副会長な日々  「ホテル末広」

 4月1日から、いよいよ日弁連の副会長の仕事が始まりました。右も左も分からないままに、会議から会議の連続で、この先どうなっていくのだろうかとの不安もありますが、とにかく元気に走るしかないので、見よう見まねで頑張っています。

 日弁連には、私を含めて13人の副会長がいますが、そのうち、自宅から通えるのは、東京や関東近県の副会長で、後の副会長はみな、東京にやってきては、ホテル等に泊まります。ホテルは、自分で手配するのですが、私が4月2日に泊まったホテルは、「ホテル末広」。聞いたことがないでしょう。私も、全く知らなかったのですから。

 3月の中旬頃に、「さあ、いよいよ始まる。スタートなんだから、多少高くても良いホテルに。」と思って、インターネットで検索したのですが、良さそうなホテルは、どこも、満室。おかしいなと思って何度か検索してみましたが、いつも利用するホテルも含めて、結果は変わらず。今回は、中国からの観光客に加えて、春休みで家族で旅行している人が多いみたい。ネットの検索でかろうじてひっかかってくるのが、カプセルホテル。ホテル有明キャンセル事件に続いて、いよいよカプセルホテルか、雨露がしのげれば良いのだから、それでも良いけど、世間というか、私の依頼者や事務所の職員の日弁連副会長に対するイメージを損なうかもしれんといらん心配をしながら、しつこく検索していたら、出てきたのが「ホテル末広」。蒲田にあり、黒湯温泉という温泉が併設されているけど、ホテルの部屋にはトイレも浴室もなし、朝食付きだけど、値段は100円。うーん、黒湯というのが、なんともあやしい。トイレと浴室が無い部屋に泊まったこともないし、と悩みながらも、そこしか空いていないのだから、やむなく予約。

 で、泊まってきました。ホテルの玄関というか、温泉の入り口を入ると番台のようなものがあって、おじさんがいるので、ここで、チェックイン、というか受付完了。
部屋は、割と広いのだけど、風呂やトイレがないので、真四角で、ベッドと作り付けの机がぽんとあって、殺風景でまるで監獄のよう。温泉は、名前のとおり真っ黒け。なんでも、地中深くの古生代の植物が温泉に溶け出しているとのことで、黒いのだとか。湯船に体をつけると、つけた先から真っ黒いお湯に体が消えていくので、これはおもしろい。温泉県を自負する大分にも、茶色の温泉は結構あるけど、こんな真っ黒なのは初めて。独特のにおいもあり、薬草のにおいのようで、体によさそう。早朝から、お風呂に入れるので、寝起きにもう一度入って、しっかり黒湯を楽しんできました。お楽しみは、100円の朝食。なんと、パンのみ。4〜5種類のパンから、好きなものを好きなだけ食べても良いと言われても、そうそう食べれるものでもなく、2個だけいただきました。おいしかったので、文句は言えない。

 それで、気になる値段ですが、一泊7,600円。半端なのは、もちろん100円の朝食が付いているから。高いのか,安いのか、これは人それぞれですが、もう少し値段が安いともっとあやしい感じがして良かったかも。私としては、黒湯がすっかり気に入ったので、また泊まろうと思っているところです。

 ところで、日弁連の副会長は、13人全員の毎日のスケジュールがA4用紙1枚に記載されて、副会長その他の職員に配布されます。なんと、各人の毎日の宿泊先まで記載されています。他の副会長の宿泊先が、「ホテルニューオータニ」「赤坂エクセルホテル東急」「三井ガーデンホテル銀座プレミア」「ホテルオークラ東京」等々とある中、ひとり「ホテル末広」。少しは見栄を張って,良いホテルに泊まらなきゃと思いながらも、怪しげな安宿も捨てがたいというか、どちらかというとそっちのほうが好きだし、性に合っているので、どうしようかと思案中です。
世間では、酒場放浪記が人気のようですが、これに倣って、安宿放浪記を掲載するのもおもしろいかなあ、しかし、これにハマると、とんでも無い安宿に泊まりそうだし、副会長としての悩みは尽きないのです。
 

 



news!


   店舗写真

information店舗情報

[大分事務所]
〒870-0047
大分市中島西3丁目2番26号 
大分弁護士ビル3階
TEL.097-538-2123
FAX.097-538-2124
Email:hirapc@hirayama-law.or.jp
アクセス

予約受付・相談時間 
平 日   土曜日
(平山弁護士
(岡田弁護士)
受付 9:00~17:15 9:00~15:00
相談 9:00~18:00 9:00~15:00
※相談については事前予約が必要となります。
※H28.4からの土曜日相談は完全予約制になります。事前にご連絡下さい。


[杵築事務所] 
〒873-0001
大分県杵築市大字杵築1455番地7
TEL.0978-66-4030
FAX.0978-66-4031
Email:hiraks@hirayama-law.or.jp
アクセス

予約受付・相談時間 
 平 日  土曜日 
受付 9:00~17:00  休み 
相談 9:00~17:00  休み
※相談については事前予約が必要となります。